仏具について


仏具について簡単にまとめてみました。ご参考にしていただければ幸いです。
仏具もお仏壇の洗いと同様、洗浄、磨き、色付け、各種メッキ、修理などできれいな姿によみがえります。
その他ご不明点等ございましたら何なりとお問合わせくださいませ。




香炉(こうろ)
線香や抹香を焚くための仏具です。上香炉(中央香炉、本尊香炉ともいいます)はご本尊前に安置し飾り香炉とします。線香用には広口の前香炉を用います。高貴な香りを献じると同時に、仏様の慈悲をすべての人が浴する「お浄め」という意味もあります。


花立(はなたて)
仏前に供える花立て。生花もしくは常花を飾ります。
生花の場合は四季それぞれの花で美しくかざります。
バラなどとげのあるものは避けるようにします。


常花(じょうか)
左右1対で飾る蓮の花をかたどった金属のお花です。枯れない花で常に飾ることができます。


燭台(しょくだい)・ロウソク立
ロウソクの火は回りを明るくするだけでなく、煩悩の闇を消す功徳があると言われます。細工は宗派によって違うことがあります。普段は白いロウソクを使いますが、年月を経た法事は朱ロウ(赤いロウソク)を使うしきたりの宗派もあります。


仏飯器(ぶっぱんき)・仏器(ぶっき)
炊きたてのご飯を盛るための器です。丁寧な場合は仏さまとご先祖それぞれひとつずつもしくは一対ずつ供えます。


茶湯器(ちゃとうき)
名前のとおり、茶やお湯、お水を入れて供えるものです。
浄土真宗ではこれを供えません。


仏器膳(ぶっきぜん)
仏飯器や茶湯器をのせるお膳。


上卓(うわじょく)
香炉や華瓶(けびょう)仏飯器などを供える台です。
上机といい、宮殿(くうでん)のまえに置いて使います。


前卓(まえじょく)
上卓と同様に香、花、灯を供える台。須弥壇の前の中段か下段に置いて使います。


霊具膳(りょうぐぜん)
浄土真宗では用いません。また宗派によって配置の仕方が異なることがあります。


高杯(たかつき)
菓子やくだものなどの供え物を盛る器。仏壇の中央か下段の左右に1対で置きます。


リン
人々の邪念を払うと同時に読経の開始を知らせる重要な仏具です。釈尊の在世当時、人を集めるための合図としてもちいられたとも言われています。


線香差(せんこうさし)
線香をいれておくものです.


マッチ消し
マッチの燃えかすを入れておくものです。


灯籠(とうろう)
吊灯籠と置灯籠の2種類があります。左右一対で用い、お仏壇の内部を明るく照らします。
ご本尊やお位牌を照らす照明です。


瓔珞(ようらく)
仏の世界を美しく飾るために仏壇の中につり下げる荘厳具です。古代インドの貴人が頭や首にかけた装身具からきたものといわれています。


伏?(ふせがね)・鉦吾(しょうご)
台座の上に置いて、撞木(しゅもく)でお経に合わせてたたきます。たたき鉦(がね)ともいいます。


木魚(もくぎょ)
読経のときに使われます。魚は水中で常に目をひらいたままでいることから、読経中に眠らないようにという戒めの意味が込められ、魚を模したといわれています。


木鉦(もくしょう)
主に日蓮宗で用いられるもので、お題目を唱えるときや読経のときにたたきます。


供花(くげ)
法要など特別な日に餅や菓子、果物などを供えるための台です。蓮華の花びらを形どっています。主に浄土真宗で用いられます。右は本願寺派用、左は大谷派用です。


輪灯(りんとう)
仏壇の天井に吊るし、おもに仏壇の中段と下段を中心に照らす灯明具。主に浄土真宗で用いられます。右は本願寺派用、左は大谷派用です。


打敷(うちしき)
上卓や前卓と飾る金襴などで織られた布のことです。浄土真宗は三角形、それ以外は四角形が用いられています。柄、色とも様々ありお仏壇を綺麗に飾ります。


過去帳(かこちょう) & 見台(けんだい)
〔過去帳〕
代々の先祖や故人のご戒名(法名)、俗名、亡くなられた年月日、続柄をしるしたものです。月命日にその箇所を開いてお参りします。

〔見台〕
過去帳をのせておく台です。


経机(きょうづくえ)
元来、仏壇の前に置いて読経の際、経本をのせて使ったのでこの名前がついています。香炉、燭台、線香差、リン、マッチ消しを置いて使います。


盆提灯(ぼんちょうちん)
お盆のときにお仏壇の前に飾り、迎え火、送り火の意味で飾ります。盆提灯は、宗派による違いはありません。

メニュー

Copyright(c) 2017 清蓮堂 All Rights Reserved.